紡いだり、織ったり、編んだり、
縫ったり、工作したり、波乗りしたり、
家族と笑って過ごしたりの日々。

手紡ぎや手織り、こぎん刺しなど
“ noito ”の記録も綴っています。

| about me | entry | category | archive | comment | links | moon |



スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.06.20 Monday | - | - |




茶綿
 
040213.jpg

綿と言うとアイボリー色のイメージが
強いですがこれは、茶綿といって、
繊維そのものが茶色い綿。

これは、ブラジルの有機栽培綿の原綿。

固まっている綿を手でほぐすのはとても大変
だけれど、この弓があればかんたんにホワホワの
綿にほぐすことができます。

簡単な仕組みだけれど、昔ながらの知恵って
やっぱりすごいね。手でほぐすのと違い、
繊維がちぎれたりすることもありませんし、
綿に付いた茎や草の大きめの欠片をある程度
落とすことができます。

とても静かな静かな作業です。


040214.jpg

綿て本当にやわらかくてあたたかい。

毎度この作業をするたびに、小人になって
ホワホワにほぐれた綿の中に飛び込みたい
という衝動に駆られる。笑


040215.jpg


ほぐした綿の繊維を整えてから
ようやく紡げる状態になります。

たくさんの工程を経て、ようやく一本の糸になれる綿。

私(たち)の一番身近にある「衣」も「布」も
すべてこの一本の糸からつくられてゆく。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.04.01 Friday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




いま織っているもの
 
032301.jpg


たて糸/がら紡糸(オーガニックコットン)
よこ糸/がら紡糸。植物染め(コットン)

ピンク色は、アカネ。
グレーは、ゴバイシ。

わらやかで、優しい糸。
触れているだけであたたかな気持ちになる糸。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.03.23 Wednesday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




てしごと
 
030203.jpg

なぜか手紡ぎ、手織りした布が好きな猫たち^_^

これは三年前にホームスパンしたジャコブのざっくりヒザ掛け。

とても軽くて、あたたかいのです。


030204.jpg

いろいろなものが、かんたんに、安くて入る世の中。

手紡ぎ、手織りは時間がかかる。

すべての行程をひとりでしており、素材にもこだわると、
価格も既製品よりは高い価格を設定せざるを得ない。

わたしは、手を動かしながらいつも
「手紡ぎ/手織りすること」の意味って
なんだろうかと考える。

わたしの織った(紡いだ)布を気に入ってくださった方から
「はじめて手にしたときに温かみをかんじた」とか
「こんなにやさしい布ははじめて」とか「もっていると
落ち着くんです」など、うれしい言葉を言っていただけるたびに、
これでいいんだ、これからも考え続けながら、このまま手を動かし
続けよう、織り続けてみよう、と思うのでした。

(猫も気に入ってくれていることですし.....笑)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.03.23 Wednesday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




つむぎつむぐ
 
031601.jpg

綿の糸を紡いでいます。

手紡ぎの糸は、機械撚りの糸と違い
太さが均一ではなく、それを、
不完全な糸とみなすか、味とみるか。

紡いでいる本人は、
「これは手紡ぎ糸だから、不均一な
味わいのある糸になるように紡ごう!」と
思って紡いでいるわけではないのです。
わたしは、できるだけ均一に紡ぎたい!と
思いながら 足で紡ぎ車を回し、一生懸命に
手を動かしているんです(笑)

でも、いくら糸の太さを均一にしようと
努力していても、回転数や手のちょっとした
動きや繊維の状態(または心の状態)で、
糸の太さが変わってしまうことがある。
(それはまるで人生と同じかのよう)

こうして出来上がった、ところどころ
太さがことなる糸は、機械で紡がれた糸と
比べれば「不出来な糸」なのかもしれない、
しかし、この不出来なはずの手紡ぎ糸で織ると、
空気をはらんだ柔らかであたたかな布になる。

まるで、糸の間に織り込まれたゆらぎが、
布に命を吹き込んでいるかのよう。

今日もわたしは、糸を紡ぐ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.03.22 Tuesday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




食べる、紡げる、幸せ
 
030801.jpg

甘い辛い酸っぱい塩っぱい苦い固い柔らかい冷たい温かいとか。
今日一日のスタートの朝食でこれらのバランスが取れていると、
感覚が満たされて 心も体も良い気分で過ごせる。

何より母&妻としての任務果たせた感有り(笑)

今日も穏やかに朝ごはんをいただける幸せと平和に感謝。


030803.jpg

海は少しずつ水温があがっていますが、
まだまだ冷たいです〜。

海から上がった後の紡ぎは
木綿の糸をこのくらいだけ。

小さな茶色いツブツブがあるのは、
綿そのまんま、無漂白の証し。
正体は綿の茎や葉のかけら。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.03.07 Monday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




春ストールできました
 
dorozome1.jpg


コットン×リネンの春のストールができました。


dorozome2.jpg


doromzome4.jpg

織った後、水に通すことでリネンは縮み、コットンはそのまま。
縮む力の差により、布の表面にポコポコとした表情があらわれます。


dorozome5.jpg

ちなみにこれは、機からはずしたばかり(水に通す前)のもの。


dorozome3.jpg


リネンとコットン(アイボリー)は、素材そのものの色です。
ピンク色は、泥染めしたもの。
(泥染めは、土から生まれ土に還る自然の染料です)



コットンやリネンが気持ちよい季節になってきますね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.03.06 Sunday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




いま織っているもの
 
022901.jpg

いま織っているもの。

コットンとリネン。

アイボリーと麻色は、
素材そのもののナチュラルカラー。
ピンク色の糸は先日、泥染めしたもの。

それぞれに違う縮み率を利用して、
縮絨(仕上げ)をした時に、布に面白い
変化が出てくれることを期待しながら
ぱたんぱたんと織っています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.02.29 Monday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




命の糸
 
022415.jpg

糸車で右回りに撚りをかけて糸を紡ぐ。
右回りに撚りをかけた2本の糸を
左回りにまわすと見事にピタリと
そろった、美しい一本の糸となる。

右回りに撚りをかけたもの同士は、
左回りに撚りをかけると一体となる。

左回りに撚りをかけたもの同士は、
右回りに撚りをかけると一体となる。

宇宙の法則。陰陽。

紡がれ出来上がった糸は、
これも回転させて巻き取る。
紡ぎ 織るまで 一体どのくらいの
回転をしているのだろう。

生命は回転。
回転は生命。
DNAも螺旋状だ。

こうして考えると回転により
生み出される一本の糸が、生命を
帯びてくるようにさえ思える。

遠い遠い昔、人びとがもっと自然的に
霊的に生きていたころ、神々に捧げたのは、
紡ぎ、織った、(命の)布だった。

そんなことを思い出し、感じながら作業をした日。


それにしても、肩と目がバキバキです。
たぶん眉間にもシワ寄ってるわぁ〜。あ〜あ。笑


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.02.26 Friday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




織りの準備
 
ある夜、長男が本を読んでくれて、
次男が背中を優しくトントンしてくれて、
私はいつの間にか寝落ちしまった!(笑)

いつも私は、子どもたちに何気なくやっていた
ことだけれど、枕元で本を読んでもらうって、
トントンしてもらえるって、こんなに優しくて
あたたかくて、心地よいことなんだね〜。


022312.jpg

さて、織り始める前の糸の準備(染めなど)で
数日かかっています。

今日からようやく糸を揃える整経作業。

何だか糸が見えにくくなってきたと気がつけば
子どもたちのお腹すいたコールと金色の時。


022311.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.02.22 Monday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




紡ぎ車と織り道具のお手入れ
 
122403.jpg


空気が乾燥する季節。
紡ぎと織りの道具は木製品で
できたものがほとんどなので
今日はお手入れをしました。

蜜蝋ワックスなどを塗り込むことで、
割れや汚れの防止にもなり、長持ちします。


122406.jpg


紡ぎ車、織り機、ボビン、
それから白木のスピンドルも。

ワックスがよい香りなので、
子どもたちが「あぁいい香り〜」
といいながら寄ってきます。
猫たちも!


122404.jpg


木部の色は一段と濃くなります。

ワックスを塗り込む先から、喉が渇いて
いたかのように、ぐんぐん吸い込んでゆく!
もっと早くお手入れしてあげればよかったね〜。
ごめんよ〜。といいながらお手入れをしました。


122407.jpg


メンテナンスが終わった道具たちは、
輝き喜んでいるかのように見えました。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2015.12.24 Thursday | 手織り・手紡ぎ | comments(0) |




<< | 2/15 | >>