紡いだり、織ったり、編んだり、
縫ったり、工作したり、波乗りしたり、
家族と笑って過ごしたりの日々。

手紡ぎや手織り、こぎん刺しなど
“ noito ”の記録も綴っています。

| about me | entry | category | archive | comment | links | moon |



スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.06.20 Monday | - | - |




震災後の道路工事も本格化
 
震災から4年が経ち、
ようやく工事がはじまりました。

何年、何十年もここで海と人を
見守り続け、津波にも堪えた松。
しかし、震災にともなう道路工事の
ため、いよいよ伐採が始まりました。


041401.jpg


すくっと立って、ちょっとやそっとじゃ
ビクともしない松が、重機にかかると
わたしたちが親指と人差し指で
鉛筆をつかむみたいに、いとも
簡単に倒され運ばれてゆく。


041402.jpg


自然の美しい景色が作られるのは
たくさんの時間を必要とするのに、
人間の手にかかるとあっという間に
簡単にこわれてしまう。

この海沿いの景観がすきで
この町に引っ越してきたと
言ってもいいくらいですが、
ここもこれからコンクリートが
どんどん流れ込んで、変わって
いってしまうのだろう。

このままの景観を守りながら震災時に
命を守ることを優先させる地域づくり、
外からひとを呼び込む町をつくることは
可能なはずなのに、その可能性をも
無駄にしちゃってる。

何でもコンクリートの壁でかため
ようとする思想に嫌気がさす。

ここの美しい景観をまもれなかった
私(たち)世代。
重機で山が崩され、バキバキと音を
立てながら なぎ倒されてゆく木々の
断末摩のような叫びをきいていると
自分の無力さが辛い。

震災後にどう変わってゆくのか、
しかと見届けたい。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2015.04.16 Thursday | 3.11の記録 | - |




スポンサーサイト
 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 海辺の暮らしへ
一日一回、バナーどちらか1つをクリックしていただけますと更新の励みになります。
いつも見てくださり、ありがとうございます。

2016.06.20 Monday | - | - |




<< NEW | TOP | OLD>>